優先すべきはアポ取

人気№1
LOVE
>>不倫サイトの詳細はこちら
人気№2
FirstMail
>>不倫サイトの詳細はこちら
人気№3
愛カツ
>>不倫サイトの詳細はこちら
出会い系サイトを利用するのであれば、最終的な目的が何であれ、まずは『会う』ことを優先して下さい。会うことが出来なければ、目的を果たすことは絶対に不可能だからです。

しかしながら残念なことに、世の中には『出会えない』出会い系サイトが多数存在します。下記は一例に過ぎませんが、こうした出会い系サイトにはご注意ください。

●ポイント(前払)制の出会い系サイト

ポイント制のサイトは、何をするにも課金が必要になります。メール一通×円、プロフィール閲覧一回×円・・・という感じに料金が発生するからです。

もちろん、課金したからといって出会える保証はありません。酷い時には、相手がサクラだと気づかずに搾取されていることもあります。

●男性に媚びた出会い系サイト

サイト中に女性の―それも裸の写真ばかりという出会い系サイトは、男性だけをターゲットにしています。目的は出会いの提供ではなく、搾取です。

こうした出会い系サイトに、本物の女性会員はまずいません。サクラだらけなので、登録すべきではありません。

tooiri
では『出会いやすい』出会い系サイトは、どのようなものなのでしょう。

もっとも確実な判断基準は、女性への『広告配信』だと言われます。女性週刊誌やレディコミなど、女性が目にする場所に広告を出している出会い系サイトは女性会員が多いのです。

女性会員が多い出会い系サイトを利用すれば、会える可能性はぐっと高くなります。登録後は積極的にアプローチして、可能性を高めていきましょう。

狭い世界を生きる人妻

nakaあなたが『世界の中心』と考える場所はどこでしょうか。オフィスでしょうか。それとも自宅でしょうか。

人妻の場合、世界の中心は『家庭』です。出産経験がある人妻であれば『子供』の要素も加わりますが、子供が生活する場所=家庭ですので、中心は変わりありません。

要するに、人妻の世界観はとても狭いのです。

家庭のための仕事―買い物など―で外出することはありますが、せいぜい半径5キロがいいところです。何十キロも先のスーパーへ買い物へいく人妻など、そういませんからね。

狭い世界観は、多くの知識を必要としません。家庭を守るだけの知識があれば、それで足りるのです。

そのため、吹っ切れた人妻は外の世界へ憧れを抱きます。でも、1人では怖いのです。外の世界を案内し、知識を授けてくれる・・・人妻はそんな存在を渇望しています。つまり人妻と関係を持つには、人妻だけの案内人になればいいのです。

余談ですが、半径5キロという数字。人妻は半径5キロの生活圏内を出ると『非日常』を感じるといいます。デートの時は出来るだけ、生活圏内から連れ出す様に心がけましょう。関係を目撃されるリスクも減りますしね。

実は我儘な人妻

人妻=どこか控えめという印象がありますが、実のところは『わがまま』の人妻が大半です。

tatasua人妻と不倫関係を持つのであれば、振り回されることは覚悟しておきましょう。

どのような我儘に振り回されるかは、その時になってみないとわかりません。

デート時間に関する我儘―その時間はだめ!この時間じゃなきゃ!!―であることもあれば、贈り物―それは欲しくない!欲しいのは、あれ!!―ということもあるでしょう。

なかでも目立つ我儘は、セックスに関するものです。

出会い系サイトを利用している人妻は、夫にはしてもらえない(カミングアウトできない)ことを求めています。つまるところ、特殊な性癖であることも多いのです。

ノーマルなセックスしか経験がない場合は、それとなく探りを入れておきましょう。あまりにも特殊な性癖であれば、別の人妻に乗り換えたほうが得策といえます。

どのような我儘にしろ、関係の継続を望む場合は叶えてあげねばなりません。我儘を聞いてくれない男性と交際したところで、人妻には何もメリットがありませんからね。

どこまで叶えてあげるかは、もちろんあなた次第です。

あまりにも我儘が過ぎる場合は、思い切ってリリースしてしまいましょう。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ